スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮りためた子供や家族の写真、どうしてますか?

元々、写真を趣味にしている私にとって子供は最大の被写体です。

子供が産まれたその日から、毎日のように子供の成長を写真に収めています。
撮った写真はLineで夫や両親にシェアしたり。
もうすぐ1歳なので記念にフォトブックを作ろうと考えてみたり。

撮った写真はできるだけ早めにPCに取り込んで、月ごとのフォルダに保存しています。

ごく一般的な保存方法だと思いますが、実は、これだけでははっきりいって不十分なんです。

なぜなら、そう。パソコンは壊れることがあるから。
いやむしろ、「パソコンは壊れるもの」と思っておいた方がいいです。断言。

私も、猫に飲みかけのコーヒーを倒されてパソコンを壊してしまったことがあります。
ものには寿命がありますから、丁寧に扱っていても壊れるときは来ます。


私、長年パソコン関連のお客様対応の仕事をしてきたので、
PCが壊れて写真の取り出しが不可能になって泣く(マジ泣きです)お客様をたくさん見てきました。
もちろんこちらもできる限りがんばるんですが、そこはデジタルデータの無常なところで どうにもならない場合も多々あります。
いやほんと、いたたまれません。


では、もし実際にパソコンが壊れたらまずどうすればいいのか?

まずはパソコンメーカーに電話しましょう。(当然すぎる?)
状況によっては直せたり、データの取り出しができる場合もあるので、まずはメーカーに電話するべきです。
特にデータに関しての相談先は「パソコンに詳しい知人」とか、「購入店」ではなく、メーカーがベストだと思います。
メーカーが独自にデータ復旧の機能をつけている場合もあるからです。



では、メーカーに聞いてもパソコンから写真の救出が不可能だったら・・・。方法が全くない訳ではありません。
データの救済をしてくれる専門の業者も存在します。当然費用がかかります。
データの量にもよるものの最低数万円以上はかかります。ヘタすると10万円以上なんてことも。


パソコンの知識があれば自分で写真やそのほかのデータの取り出しができる場合もありますが
パソコンの知識に自信がない人、パソコンを分解したことがない人はやめておいた方が無難。
ここで初めて「パソコンに詳しい知人」や「販売店」に登場してもらいましょう。


しかし、上記の対策を取ったとしても、確実に写真を取り出せるとは限りません。


なので、日頃から大事なデータはパソコン以外の場所に二重、三重に保存する習慣を付けておくことをお勧めします。


パソコンが壊れると、やばい、修理っていくらかかるの?パソコン買い替えないといけない?パソコンがない間どうする?
と慌ててしまうものですが、
大切なデータが無事という事が分かっているだけでかなり動揺は抑えられますよね。


長くなってしまったので、具体的に何を用意すればいいの?という点については次回解説します。


★実践編はこちら★




にほんブログ村

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。