スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【育児あるある】腱鞘炎になった話

去年のゴールデンウィークの頃、突然手首が激痛で動かせなくなりました。
息子はまだ生後2か月にもならず、首すわりもまだで最強~に手がかかりまくる時期です。

ある朝起きたら、両手首をほんの少し曲げようとしただけでもものすごく痛い。悲鳴が上がるほど痛い。

市販のサポーターを巻いて連休が終わるのを待ち、
整形外科に行くと予想通り腱鞘炎の診断でした。
正式にはド・ケルバン病というそうです。おおーなんだか重病っぽい名前。

腱鞘炎の治療方法は3つ。
・ひたすら電気リハビリに通う
・ステロイド注射
・手術

注射は母乳に影響が出る恐れがあるとのことで却下。
手術しても確実に治るわけではなく、数か月かかることもあるとのことでこれも却下。
ということで、消去法でリハビリ通いをすることになりました。

病院自体は幸いうちから自転車で1分の距離なのですが、
通院のあいだ息子をどうしよう。。。。託児施設はありません。
ということで、県内に住む義母に、通院中の息子のお世話と沐浴をお願いすることにしました。

義母の協力を得て、大体週3~4くらいのペースでリハビリ(電気治療)に通っていたんですが
一向によくなる気配が感じられません。
手首に少し触っただけでも激痛&激痛。

リハビリ担当の方に聞くと、リハビリ直後に多少は痛みが軽くなるものだ、ということなんですが
うーん、変わらない気がする。。お会計で財布からお金を出すのも一苦労です。
親指をうまく使えないので、何をするにもヒドく不器用。
体は健康なのに、手首の痛みのせいで息子のお世話どころかまともに生活することもできず、すごいストレスでした。

そんな毎日が3か月ほど続き、8月になった頃・・・・
いつのまにか治りました。

いや、完治はしてないんですよ。ただ、多少痛くても生活に不便がない程度になりました。
今でも曲げる角度により痛い事があるし、親指の力が少し弱くなっていて
小さいものをつまんだりするのが下手になりました。
でもハサミも片手で使えるようになったし、(痛い時は両手でハサミを使ってました)自分としてはもう治ったと思っています。

結局、時間が解決? なのかな~

で、ですね、私が思う腱鞘炎の原因なんですが・・・・

「新生児の世話」 これですよ。

首が座っていない新生児は何をするにも首を支えてあげないといけませんよね。
産まれたばかりだと首だけでなく体中がフニャフニャだから、抱っこひとつとっても緊張するし慣れないので力が入ります。

私が特に苦労したのが沐浴。
出産後、実家に里帰りしてから最初の一か月はベビー用のバスチェアなしで沐浴させていたので
お風呂の洗い場にしゃがんで、片手で首を支えて体を洗っていました。
これが本当にしんどくて、腰も辛いし、息子のお世話の中で一番大変に感じてました。

私は元々腰痛もちだったので、腰をかばって手に負担がかかっていたような気もします。
とにかく毎日の沐浴が憂鬱になるほど重労働でした。

里帰り終了後、赤ちゃん用のバスチェアを使い始めたら楽すぎて涙が出そうでした゚・(つД`)・゚・
今思うと、なんでこれを始めから使わなかったのか。。。
お友達からお下がりをもらっていたのを忘れてしまいこんでいたんですねぇ(涙)


首が座って背中がしっかりしてくると、お世話が劇的に楽になってきました。
お風呂だけでなく抱き上げなんかも、子供が自分で起き上がってくれてすごーーーーく楽になるんです。
子供の体重は増えているのに、軽くなったような感じ。
このおかげで手首や腰にかかる負担が軽くなって、徐々に痛みがやわらいでいった気がします。

友達に話すと、育児中に腱鞘炎になった人が他にも何人かいました。
通院はしなかったけどしばらく痛かった、という人も。
私は結構症状がひどい方だったと思います。
産後の腱鞘炎の原因、ホルモンバランスが崩れて云々説、筋量低下説など諸説あるようですが
かなりの「あるある」らしいですね。


では、防止方法は・・・?
ありきたりだけど、体に負荷をかけないように気を付けるのが一番じゃないかなぁと思います。
低い位置から抱き上げて立ち上がるときや、沐浴の時に一番体に負担がかかると思うので
何かにつかまるとか、一気に体を起こさないとか。あ、腰のためにもね。

それでもなってしまったら
一度は病院に行くべきだと思いますが、私のようにリハビリしても効果があまり出ない場合もあると思います
通院そのものが無理な方も多くいると思います。
が、赤ちゃんの首が座れば徐々に治るはずなので、それまでのガマンです!
私も腱鞘炎を早く治したくて色々調べて、遠方の病院とか腱鞘炎の専門医に行ってみようかとか色々悩みましたが
そうこうしているうちに治りました。

手首サポーターで手首を動かさないよう保護して家事は手抜き!これに尽きると思います。
私は病院で出してもらったサポーターを巻いて過ごしていました。
手の甲部分に板が入っていて、薬局で売っているものよりしっかり固定できます。
00110000DSC_0110-0010.jpg

ちなみにお友達が知り合いの鍼灸医の方に聞いてくれたんですが、
針治療でもやっぱり数か月はかかるそうです。

ということで・・・育児あるあるネタ、地味にダメージ大な腱鞘炎編でした。
多くのママさんが悩まされる症状かもしれませんが、ちゃんと治るから焦らずゆっくり乗り越えましょう!
では!

にほんブログ村

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。