スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドFISKARS社の包丁研ぎが優秀だった。

私が普段使っている包丁はグレステンの三徳包丁です。

使い始めた頃は怖いくらいよく切れたんですが、
最近はもっぱらナマクラ状態。
砥石はあるけど使いこなせていません。

グレステンの純正シャープナーをそのうち買おうと思っていたんですが・・・

グレステン ステンレス一体型小三徳包丁130mm

グレステン ステンレス一体型小三徳包丁130mm
価格:11,315円(税込、送料込)

グレステン シャープナー 柄付き

グレステン シャープナー 柄付き
価格:2,840円(税込、送料別)



試しに100均でグレステン似?のシャープナーをダメ元で買ってみたんです。
使った結果、ダメでした(涙)私の砥ぎ方がヘタなのもあると思いますが・・・切れ味が全然良くならない。

そんな事があった翌日、実家で母から包丁研ぎを貰いました。
100均のシャープナーのことも、包丁の切れが悪くなっていることも何にも言ってなかったのに。
なんてタイムリー!親子ってすごい!?

母の行きつけの金物屋さんの奥さんが「色々試してこれが最高」とイチオシしたものらしいです。
金物屋さんがおすすめする包丁研ぎってなんだか凄そうじゃないですか?

母曰く「デパートの有料砥ぎに出した時よりよく切れるようになった」とのこと。
で、ついでにと私の分も買っておいてくれました。サンクス母!!
京セラとFISKARS社の「セラミックロールシャープナー」です。
00110000P3030151-0010.jpg

早速開封。
ほほー。見たことがない作りですね。
00110000P3040161-0100.jpg


00110000P3040152-0020.jpg
京セラ製だけど裏側にFINLANDって書いてある。
セラミック屋さんの京セラが砥石部分を作ってFISKARS社に提供してる、って感じなんでしょうか。
なんだろう、フィンランドって書いてあるだけで優れたデザインに見えてきた・・・

00110000P3040154-0040.jpg
透明なカバーの中に砥石が入っています。

このミゾに包丁を入れて・・・・
00110000P3040155-0050.jpg

説明書きによると、「前後に10回動かす」とな。
二枚の砥石が刃を挟んで回転して砥いでくれます。なるほどなるほど。
00110000P3040157-0060.jpg
溝に沿って動かすだけなので簡単。
砥石やシャープナーで上手に砥げない私でもできました☆

見た目は・・・よく分かりませんが
00110000P3040159-0080.jpg


早速ジャガイモを切ってみたところ、
スゥーートン!と気持ちよく切れるようになりました!
今までは「ぐっ・・・ドン!」って感じだったのに。
キャベツの千切りもサクサク行けましたよ~
これ、使いやすくていいかも!いや、イイ!
しかも、透明カバーがパカっと開くようになっていて、洗うのも簡単なんですよ☆


余計なお世話ですが・・・
日本国内向けの製品だから京セラが前面に出ていていいんだろうけど
パッケージもなんか残念というか普通すぎる感じだし
京セラロゴを引っ込めて、北欧色出してこじゃれてくれた方が売れそうなのにな。って勝手に思いました。


ところで私、FISKARS社(フィスカース)って聞いたことがなかったので調べてみました。
社名でぐぐってみると検索結果画面にこんな情報が。
00110000キャプチャa-0070

本社はヘルシンキとな。
なんだか子会社がすごいですね。。
ハサミが有名なのね。フムフム。
00110000キャプチャg-0090
↑公式HPより。
イッタラにアラビア、ロイコペ、ウエッジウッド、ロールストランドにetcetc・・・・
ほえー。憧れブランドさんたちがたんまり傘下に入っているじゃないですか。
どうやらフィンランドの財閥系の大企業のようですね。


お前のことは覚えておこう、FISKARS。(えらそう)

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。