スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レッツDIY】テーブル天板の再塗装に挑戦! ②

ダイニングテーブル天板のリメイク続きです。

前回の記事はこちら→【レッツDIY】テーブル天板の再塗装に挑戦!①

≪前回あらすじ≫
理想のリビングに近づけるべく、テーブルの塗装を剥がして自分好みのオイルを塗る!と決め
レンタルしたサンダーでテーブルのニスはがしを試みるも思うように塗装が剝れず
いきなり挫折感を味わうねむりねこ!
リビングの顔はいったいどうなる・・・?

00110000P3050174-0020.jpg

続きです。
根性なしの私は塗装剥がしにいきなり行き詰まり、カンナを買って来て削るか?とか、
塗装剥がしの薬剤を使うか?とか考えたんですが
カンナは技術が要りそうだし、薬剤は木に浸透して残ってしまうらしいのでやめました。

なので結局サンダーでがんばることに。レンタル期間あと3日あるもんね。

サンダーがけ二日目、納戸から出てきた「布やすり80番」をセットしてサンダーがけ再開です。
今度はあらかじめ部屋のあちこちに目張りして、壊れたり汚したくないものは引き出しにしまいます。
00110000P3060176-0030.jpg

すると・・・・今度はいい感じ。目に見えて塗装が削り落とされていきます!80番グッジョブ!
00110000P3060177-0040.jpg
サンダーの扱いもだいぶ慣れて、紙やすりを無駄にすることも(ほぼ)なくなりました。
当たり前ですがサンダーが調子よく動いてくれると作業効率が全然違います!
作業が進むと、結構楽しい♪

表面のニスのパリパリはけっこうあっという間に落ちました。
続いて、その下の塗装もサンダーでどんどん削っていきます。
粉塵がすごいので、マスクとサングラス着用必須です。
息子は夫に任せて、外に行ってもらったり別室でお守りしてもらいました。

6時間くらい作業したでしょうか。
なんとか、なんとか塗装が取れた・・・と、思う。。。腕がビリビリ言ってるよ・・・

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

なんとなく不安があって、翌日もさらにサンダーがけ続行。
サンダー自体は大した手間ではないんですが、音がうるさいので昼間じゃないと作業できません。
何より、粉塵の掃除が本当~~~にっ大変!
ちょいちょい掃除機をかけながら作業しても、まったく追いつきません。
換気扇のフィルターも粉塵まみれになってしまいました。

普通は外で作業するものなんでしょうけど、うちのテーブルは作り付けなので外に出せません。
どうにかならないかと調べたら、集塵機能がついているサンダーもあるとのこと。
私が借りたサンダーを良く見たら、排気口のようなものがあるじゃないですか。
そういえば、サンダーがけしているとどんどん削り屑を吹き飛ばしてたな・・・
オプションでごみパック的なものがあるのかな?説明書もないし、借りるときにはそんな事は言われてませんが・・・

じゃあ、ここにガムテで袋を付けたら良くない?
エアーの吹き出しでパンパンになっちゃうから、袋に穴を開けて~。。。でも穴からゴミが出ちゃうから~
などなど考えまして、、、

じゃじゃーん!
00110000P3070180-0010.jpg
ストッキングぅ!を、ガムテで巻き巻き。

思惑は的中!ストッキングにどんどん粉塵が溜まってくれます。
ただどうしても舞ってしまう分があるので、完全にとはいきませんが
これまで巻き散らかしていた粉塵の8~9割くらいはストッキングに溜まってくれたと思います。

作業初日、せめて2日目に気付いていれば・・・・・orz

とにかく、これでなんとか最小限の汚れで作業ができるようになりました。

さらに表面を滑らかにするため、280番、800番のヤスリで再度サンダーをかけると、
表面がスベスベで気持ちいい手触りになりました♪
00110000P3070179-0060.jpg

問題は、下地の塗装が完全に落ちているかよく分からないこと・・・・。

塗装が残っていると、オイルを塗った時にその部分には浸透せず仕上がりにムラができてしまいます。
けっこうしつこく削ったつもりではありますが、正直完全に落とせているか、よく分かりません。

出てくる粉塵が、なんかフワフワした片栗粉みたいに細かい粉なんですよね。
ザラザラしたオガクズの細かいものをイメージしていたので、木の部分に到達してないんじゃないかと不安。

そこで試しに家にあった無塗装の板にちょっとヤスリがけしてみたら、似た感じの細かい粉が出たので
これで木材がキチンと削れてるんだ、と判断しました(もう終わりにしたかったし)。

そもそも、この天板、もともとクリア塗装されていたものにさらにニスが塗ってあるみたいなんです。
木材の種類も、施されている塗装も分からない手探り状態。。。知識も当然ありません。

とにかくできることはやったつもりなので、
このあとオスモオイルを隅っこに試しぬりしてみたいと思います・・・・・。

まんべんなく浸透すれば、塗装剥がしはOKということに。

さぁ~鬼が出るか蛇が出るか!?

つづく!!



借りたのはこれこれ・・・ってダストパックついてるじゃん・゚・(つД`)・゚・



にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

参考になります

はじめまして、おじゃまします。

丁度、身内から机の塗装剥がしを頼まれたところで、簡単に剥がせるのか気になっていたところでした!

80番ですね、参考にさせていただきます。_φ(・_・

No title

すずき様
はじめまして!コメントありがとうございます。
私もまったくの素人なので、この方法が正しいのかどうか分かりませんが・・・
少しでもお役にたてたなら嬉しいです☆
落としたい塗装がガンコそうならもっと小さい番号のものがいいのではとも思います。
私はある程度ヘラでそぎ落としてからサンダーをかけ始めましたので。
うまくいくことを祈ります^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。