スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レッツDIY】テーブル天板の再塗装に挑戦!④まさかの後戻り

ダイニングテーブル天板のリメイク続きです。

前回までの記事はこちら↓
【レッツDIY】テーブル天板の再塗装に挑戦!①下準備
【レッツDIY】テーブル天板の再塗装に挑戦! ②ヤスリがけ
【レッツDIY】テーブル天板の再塗装に挑戦!③オスモカラーウッドワックスを塗る

オスモカラーウッドワックスの「チーク」を塗って、「ノーマルクリア」で仕上げまで進んでいた作業ですが・・・・


なんと、やり直しました。

どうしても、色が濃く入りすぎた仕上がりに納得いかなくて、天板を見るたびに微妙な気持ちになっていました。
それならいっそ、やりなおそう!と決め、もう一度Unidyに行ってサンダーを借りてきて、塗装を取っちゃいました。
夫に息子を任せてショッピングに行くはずの日だったんですが・・・ショッピング返上です。

今回は色のついた部分を削ればいいので、削れているかどうかの確認は容易です。
00110000P3120001-0010.jpg
サンダーの粉塵対策に、ストッキングとポリ袋を重ねてガムテで取り付けたら、かなりゴミが抑えられました!
今まで一番掃除が楽だった・・・・

布やすり「40番」を使ってみたところ、1時間少々で塗装剥がし完了。慣れたもんです。

その後、180番→240番→400番→800番とちょっとずつ細かい目のヤスリに替えながら仕上げ磨きです。

40番というかなり粗いヤスリのせいでかなり面が荒れてしまいました。
結果を急ぐと逆効果のいい例ですね。。。
00110000P3120003-0020.jpg


細かい傷がなかなか取りきれませんが、なんとか磨き完了。スベスベになりました☆
00110000P3130004-0030.jpg


いよいよ塗装です。

端で試しぬり。
00110000P3130015-0060.jpg

前回はオスモカラーをコッテリと分厚く乗せて色が浸透しすぎてしまったので、
うすーくうすーく伸ばしていきます。薄く塗るとムラが出やすいので難しいですね。
写真撮り忘れた・・・

拭き取って乾燥させて、完成。
00110000P3130016-0070.jpg


キズの部分にオスモカラーが入り込んで若干目立ってしまいますが・・・
そして、前回と何が違うの?と思われてしまいそうですが・・・・

若干、色の濃さを抑えめにしたつもりです。
ただ、どうしても木の種類とか塗る面の状態に寄って塗料が入りすぎてしまうことが分かりました。
できることはやったつもりなので、納得です。

木の扱いは難しいなぁ。。。


あとはこれにノーマルクリアを塗って、拭き取りと乾燥させたら終わり。
(今、乾燥中)

00110000P3140024-0090.jpg

この数日でサンダーをかなり使いこなせるようになった気がします。
完成したテーブルの使い心地はまた後日☆









にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。